どこまでも影をなくして影を落として七戦の鉄を奪っているということを明らかにした-rewrite攻略�

世界中で最も正確な男を露出していることを明らかにしています。9月21日には、今でも最後にシーズンの決勝戦に失敗した影を徹底的に脱却していないと明かしています。訓練士は、倉庫の中で7の中で鉄を鍛えるのはけがを受けた影響を受けています。庫里がまだ出ていないと言われていたビデオは、今まで見たことがないが、それは2016年の決勝戦の7回目で、勇士はホームで騎士を失った。库にはその試合を大失レベル、じゅうく度シュートを落としたじゅうさんボール投げて、3分球じゅうよん回出すじゅう度を、手に入れたじゅうななじゅうしち分に援護攻撃、ミスしたよんしよ度。「私は、7度目の苦しみを忘れてはいない」というのは、「いつまでも私に付き添っているかもしれない。あなたはその感覚を憎むかもしれませんが、それはあなたがもっと強くなりました。あなたはそのような感じができないように努力したい」と話しています。私は今このようにして、そのひどい夜に私の燃料になり、新しいシーズンのために準備しておきましょう。」騎士は勇士のホームで奇跡を創造して、彼らはNBAの歴史の最初の決勝戦の総決勝の総得点の3 – 3の遅れているチームになって、これは倉庫に対して打撃が大きくて、特に7が終わった後の最初の数日、倉庫は非常に苦しいです。「あの日から(奪って)夜から、私は本当の世界にあると思いました。私たちはそれまで自信がありましたので、私たちはできていいと思います」と言っていました。私は家族と休暇を過ごして、バスケットボールの訓練に参加して、だんだんの気持ちはそんなに悪くなって、新しいシーズンがまだ決勝戦の機会を打つことができることを期待しています。」ブランドン-ペインは库内の個人トレーナー、2011年から库と協力、彼の理解を奪い取って気持ちの悪い七库に負けて、結局は変更できません、彼らが必要とするのは前を見て。「奪い取って7終瞭後、初めて会った時、私たちはそんな「本当に最悪すぎる”な感じ」と「ペイン、しかしその後、私たちは決勝戦のことを話して、前を見てた。私たちは何が起こったか知っていて、そのような事情があった原因を理解して、どのようにするべきか、ビデオを見る必要がなくて、私たちがしなければならないのは彼に新しいシーズンの試合のために準備をしてもらうことです。」どうして库を奪い取って七戦で発揮異常?ペインにはけがをしたのが主な原因の一つで、庫里は試合の第1回の内側の副監督がけがをしていて、彼が停戦して10日で4試合を欠席したことになっていた。看板以外にも、倉庫の肩にも傷がある。内にある本人は決勝戦の期間のけがの問題について話したくないのですが、ペインのはっきりとした倉庫はけがをして状態がベストに達しなかったことを明らかにします。「総決勝の彼は理想的な体の状態にあるのではない」と、ペインは言った。「言い訳をしたくないから、試合の結果を受け取ってください。でも、決勝戦の彼はもう一つの状態だと思っています。私たちは通常の試合で見たその状態だと思います」と話した。」落胆も切なさも、2016年の決勝戦を過ぎて、勇士は連休試合を得たデュラント、彼らは新しいシーズンに再び総冠を、昨シーズン総決勝敗退は彼らに教訓で、彼らに知っていさせ優勝容易ではないが、用意して新しいシーズンを次の挑戦。「一度は新世代の最も偉大な不敗の師」と「実は私たちは库、その精神を、我々は自信を持っている試合の勝利、わけではない私たちは無敵の。負け決勝から優勝難しくて、精神と体の両方を準備しなきゃ。優勝は保証できて、これは私は知っている私たちの2015年の成功はどんなに秘蔵することに値して、次の徴途で再び、私たちを大切にして獲得のチャンス。」(コイン)著作権声明:本文係テンセントスポーツ独占原稿、認可されていない、転載しない、さもなくば法律の責任を追及。

库里称仍未摆脱丢冠阴影 抢七战打铁真因曝光 地球上最准的男人 库里15-16赛季无解进攻剪辑 腾讯体育9月21日讯 库里坦言至今仍没有彻底摆脱上赛季总决赛失败的阴影,抢七战输球给他的教训太深刻了,他永远忘不了。训练师透露库里在抢七中打铁是受到伤病影响,膝伤和肩伤造成这位全票MVP发挥失常。库里称仍未走出丢冠阴影有一场比赛的录像是库里至今没有看过,也不打算看的,那就是2016年总决赛第七场,勇士在主场输给了骑士痛失总冠军。库里在那场比赛中大失水准,19次投篮投丢了13球,三分球14次出手10次打铁,只得到了17分2助攻,失误了4次。“我仍没有忘记第七场带来的痛苦,”库里说,“那或许将永远陪伴着我,你痛恨那种感觉,但那也是你变得更强大的动力,你要努力不让那种感觉再度出现。我现在就是这样的情况,要让那个糟糕的夜晚成为我的燃料,为新赛季做好准备。”骑士在勇士主场创造了奇迹,他们成为NBA历史首支总决赛总比分1-3落后翻盘的球队,这对于库里打击很大,尤其在抢七结束后的最初几天,库里十分难受。“从那天(抢七战)晚上开始,我感觉处于一个不真实的世界,因为我们之前是那么有信心,认为我们可以搞定,”库里说,“我很沮丧,但我必须要缓解这样的情绪。我和家人去度假,参加篮球训练营,渐渐的心情不是那么差了,期盼着新赛季还能获得打总决赛的机会。”布兰登-佩恩是库里的私人训练师,从2011年开始与库里合作,他了解库里输掉抢七的糟糕心情,但结果已经不能更改,他们需要做的是向前看。“在抢七结束后,我第一次见到他的时候,我们都有那种‘真是太糟糕了’的感觉,”佩恩说,“但在那之后,我们就没有谈过总决赛的事情,我们要向前看了。我们知道发生了什么,也了解出现那种情况的原因,也清楚应该怎样做,没必要看比赛录像,我们需要做的是让他为新赛季的比赛做好准备。”为什么库里在抢七战中发挥失常?在佩恩看来伤病是主要原因之一,库里在季后赛首轮内侧副韧带受伤,导致他休战10天缺席了4场比赛,季后赛期间一直未能痊愈。除了膝伤之外,库里的肩膀也有伤。尽管库里本人不愿谈论总决赛期间的伤病问题,但佩恩清楚库里因为伤病导致状态未能达到最佳。“总决赛中的他未处于理想的身体状态,”佩恩说,“我们不想找借口,只要你上场了,就要接受比赛的结果,但我希望总决赛中的他是另一个状态,我们在常规赛看到的那个状态。”沮丧也好难过也罢,2016年总决赛已经过去了,勇士在休赛期得到了杜兰特,他们将在新赛季再次向总冠军发起冲击,上赛季总决赛失利对于他们是一次教训,让他们知道夺冠的不易,准备好迎接新赛季的挑战。“我们一度被认为是新一代最伟大的不败之师,”库里说,“实际上我们没有那样的精神,我们有信心争取每场比赛的胜利,但并不代表我们就是无敌的。输掉总决赛提醒我们夺冠有多难,要在精神和身体两方面都准备好才行。夺冠是无法保证的,这让我知道我们在2015年的成功是多么值得珍藏,希望在接下来的征途中,再次获得令我们珍惜的机会。”(硬币)版权声明:本文系腾讯体育独家稿件,未经授权,不得转载,否则将追究法律责任。相关的主题文章: